ツーリングデータベースプラン
8kgのロードレーサーに15kgの荷物載せて全国各地をツーリングする東大生の日記。
ツーリングデータベースプラン

  • 「んかはら」と申します
  • 中国福建省出身、5歳で日本移住、現在東大工学部。大学に入ってロードレーサーと出会い、全国各地をツーリングしています。愛車Billato(現在名前考案中)の走行距離は17000km。自転車が大好きな方もそうでない方もぜひぜひ寄ってって!

んかはら



カテゴリ別ツーリングレポート



参加中のランキング

  • 東大生ブログランキング。色々な東大生がいるもんです。
  • 人気blogランキング。今真ん中らへんです。
  • サイクルギアのお買い物なら楽天 シボレー、ローバーも品数豊富♪基本送料無料・完全組立で商品をお届け!


  • 最近のツーリングレポート



    自転車関連リンク



    一般お気に入りリンク

  • 管理者ページ


  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ググってみる



    コメントください。



    トラバもください。



    RSSフィード



    ツーリングデータベースプラン
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ツーリングデータベースプラン 4日目(暗闇の廃村温泉?探検)
    昨夜に続いて今日の朝食も豪華である。

     ジ ン ギ ス カ ン


    ・・え?ちょっと重過ぎないかって?大丈夫。

    この旅よりは重くない。

    ナービーは遠くへ去り、今日は暑い一日になりそうだ。

    スタートしてすぐに、日本百名山霧ケ峰に向かって一気に標高を稼ぐ道。若干エグいなぁと思いながら座り漕ぎと立ち漕ぎを繰り返していると砂利ゾーンが始まったようで、なんか車体がガタガタ言い出す。ただでさえ砂利はロードの天敵なのに、それを上り坂で迎えるなんて・・・(まー、下り坂で遭遇するよりはよっぽどマシだが)

    ・・・と、隣で八木さんがこっちを見て「お前、後輪空気入ってないぞ」

    そういうことですか

    いそいそとパンクを直し、登ってきた道を見ると背筋が凍るような看板発見。


    15%の檄坂看板発見!(諏訪白樺湖小諸線にて)

    ・・・何パーセントって書いてあるよ?



    でも、一昨日は6,7%の坂にヒィヒィ言っていたんだから、随分な急成長である。その後の10%程度の坂を八木さんの浮かれ話で盛り上がっているうちに過ごし気付けば霧ケ峰の休憩所。去年の同じ頃にも来た。

    あの時は松本から美ヶ原武石峠ビーナスラインと来てここに着いた(その日はその後スズラン峠麦草峠といって一日4000mUPを果たした)。やっぱいろんな意味での手頃さから、秋は中部に収まる。

    ビーナスラインを大門峠まで行ったところで八木さんが教えてくれた、信じられなく高い天丼が食える店へ行くことに。



    え、んな金あるのかって?


    そういういみではない。



    これを見よ。



    ↓↓↓




    どんぶりから15センチ!かき揚げ丼


    天丼はあんまり時間がかかるから頼めなかったが、かき揚げ丼でもう、満タンです。

    あふれるからもうやめて


    一週間分の油を摂取したっす。完食!!!


    より脂(ん、字が・・・)っぽくなった体に鞭打って蓼科スカイラインへ。
    500アップの過程で車と2,3台しかすれ違わず、道の中央を堂々と自転車二台並走で走った。

    途中で八木さんが遅れ出したので、最後の1キロはゴリゴリ走ってちぎる。

    後輩にしろOBにしろ、いじめるって楽しい!!(゜▼゜*)

    下り始めると、それまで車と全然すれ違わない理由が分かった。

    通行止。

    なんとか工事のおっちゃんに頼んで通させてもらい、のぼったらエグそうな坂をすっきり下る。

    平地区間になり、二日前のように八木さんに先頭を譲ると、その背中から明らかな疲労感が感じ取れたのですぐさま交代。

    時間は四時半。暗い中の峠越えはもうまっぴらなのでさっさとぶどう峠へ。
    結果、暗い中の上りは回避できた


    ものの、そこには暗い中の下りが待っていた。


    でも大丈夫!もう何も怖くない!!激走!!!

    後日の八木さんのレポによると「薄暗がりの中、ヘッドライト無しで突っ込んでいく[私]の後姿には感動的なものがあった。」とか。

    地図に載っていた濱平温泉を探すも、日航機墜落で有名らしい(俺は初めて知った)御巣鷹山に迷い込みそうになり、凍る思いをし、そうこうしているうちに本気で真っ暗になる。


    いや、ほんと怖い・・・




    場所が場所なだけになんか出てきそうな雰囲気ぷんぷん。
    八木さんもう探すのやめようよ、といくら思っても言い出せず、仕方なくついて行き、やっとのことでそれらしき場所を見つける。

    でも、ん?濱平温泉と看板の出ている駐車場まであるのにまわりには家しかない。あ、怪しげな案内板が・・・「川の向こうです」

    矢印に従っていくと道は真っ暗。八木さんが握るフロントライトだけが頼り。4つのSPD-SLシューズの金具がザクザク砂利を踏む。水かさが増せば流されそうな橋を渡ると、温泉らしきものは無い。

    民家で聞けば、潰れたとのこと。八木さんは「源泉が枯れたんやろな」とか言っていたが、本気でなんか出そうなこの雰囲気じゃ客足も遠のきますって。

    結局国民宿舎みたいなところで時間外にも関わらず湯に入ることができ、自炊してすぐ就寝。八木さんは相当体にキているらしく、夕食を食べ終わるとほぼ同時にこっくりベンチで寝てしまった。

    ルート:上諏訪~霧ケ峰~白樺湖~大河原峠~佐久~ぶどう峠~上州上野
    tm:?? av:?? ds:150km up:2500m
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。