ツーリングデータベースプラン
8kgのロードレーサーに15kgの荷物載せて全国各地をツーリングする東大生の日記。
ツーリングデータベースプラン

  • 「んかはら」と申します
  • 中国福建省出身、5歳で日本移住、現在東大工学部。大学に入ってロードレーサーと出会い、全国各地をツーリングしています。愛車Billato(現在名前考案中)の走行距離は17000km。自転車が大好きな方もそうでない方もぜひぜひ寄ってって!

んかはら



カテゴリ別ツーリングレポート



参加中のランキング

  • 東大生ブログランキング。色々な東大生がいるもんです。
  • 人気blogランキング。今真ん中らへんです。
  • サイクルギアのお買い物なら楽天 シボレー、ローバーも品数豊富♪基本送料無料・完全組立で商品をお届け!


  • 最近のツーリングレポート



    自転車関連リンク



    一般お気に入りリンク

  • 管理者ページ


  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    ググってみる



    コメントください。



    トラバもください。



    RSSフィード



    ツーリングデータベースプラン
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ツーリングデータベースプラン 7日目(出逢い)
    筋肉痛とまではいかないものの、ジ~ンときている足を何とかサドルにまたがらせ、今日は日勝峠。

    昨日延々と走ってきた国道274号をさらに東へいく。
    端っからのぼり、のぼり、のぼり。


    一般車輌と違い、6桁「XX-XXXX」ナンバーの自衛隊車両も行き交う中、もっさもっさ勾配6%マークのついた坂を上ること2時間、ついに日勝峠制覇。回転数を60~65rpmに保ちながら、十分ごとに(時計の下一桁が"7"に来る毎に)水を50mlくらいずつ飲んだのが功を奏したか、今日はまだまだいけるよと足が言っている。

    峠のトンネルで写真を撮ったりしていると、後輩からメールが来る。
    「自転車にて帰省中、国道1号沿いでバイクにぶつかられました」って・・・まー頑張って保険金もらってください。


    一昨日の例のおじさんが「日勝は西から上ると急で短いけど、東から上るとダラダラ長いんだよ~」と言ったとおり、ダラダラした坂を攻めながら下る。が、やはり緩い&長い勾配なだけあり、下りで車に抜かされる。本州ではあまり経験しないために、なんか悔しい。

    そこから帯広までは走りやすい道が続き、ほどなく帯広到着。

    早速、サクサクパイを食べに六花亭へ。
    マルイセイバターサンドで有名な六花亭だが、店に行ってみると意外と品揃えが豊富だった。どれもおいしそうだったが、とりあえず店舗販売限定の120円のサクサクパイを2ついただく。




    う、うまい(脂汗)

    コーヒーも無料でいただける心が北海道なサービスに感動しながら食うサクサクパイはもう筆舌に尽くせないほど美味かった。


    で、帯広にはまだ用がある。

    豚丼だ。
    ●野屋とか●屋とか大手牛丼チェーンどもが出している豚丼とは別物の豚丼を食うべく、帯広周辺をぐるぐるさまよった結果行き着いたのがここ、味処新橋。黒いタレと肉盛りの豚丼は最高!!

    ただ、俺がいたとき、お手伝いさんが皿を大量に割って、店主(?)の親父さんにぶつぶつぶつぶつエンドレスに怒られててかわいそうだったな。
    あと、代金を×10000で請求された。俺は950万請求された。


    午後2時、味処新橋をあとにし、十勝平野の桁違いの農場を横目に黙々と走る。先にも書いたが、日勝峠から帯広へ抜けるこの道(R274~R38)は自衛隊車両がやたらに多い。でも、一般車両に比べれば運転技術が高い気もする(車幅が広いくせに俺を躊躇せずにちょうど良い間隔で抜いていく)。

    広い道と、良くも悪くない曇りがちな晴れ空と、高速で行き交う車・・・と、あまりかわりばえのしない風景に飽き気味になった頃、やはり前日無理しすぎた足が悲鳴をあげ始めた

    もはや時速25キロを出すのも辛いので午後5時早々に切り上げ、「うらほろ森林公園キャンプ場」でテントを張る。

    リンク先のレポートにも書いてあるように管理人が優しく、ケータイとカメラの電池の充電を頼んだところ、快く引き受けてくれた。
    テントを立てていると、青い服のお兄さんに声をかけられる。
    どうも二人組みでツーリングしているが、辛いから帰りたいとのこと。

    なんとなく気になっていたので、テントを立て、銭湯へ行き、洗濯物を干してから例の二人に声をかけ、一緒に飯を食った。

    お二人は偶然にも自分と同じく東京の大学生で、片方はTREKのロードに、もう片方はMTB(メーカー忘れた)に乗っていたが、なんとこの北海道の旅のためだけに自転車を買ったとのこと。

    寝袋もテントも全部地元調達だとか。




    ありえねー\(・ω・`_)!!



    スポーツ自転車も北海道に来てから乗ったんだとか。




    ありえねー\(・ω・`_)!!



    でもなぜかドラフティングは知っている。




    ヘ(_ _ヘ)☆\( ̄∀ ̄*)なんでやねん!



    行き先を聞くととりあえず釧路までは一緒で、夕暮れ時に地元の人に聞いたところこのキャンプ場の東のトンネルで先日死亡事故があったというほど危険ポイントらしいのでちょっとこの二人が心配になり(本当は自分が一番心配)「1人で走ったら危ないトンネルでも、3人で走れば危なくない。」ということにして、明日は釧路まで一緒に走ることにした。

    それにしても旅先で同じくツーリングする人と出会うことは楽しいものだ。
    三人で飲むビールはいつも一人のときより美味かった。

    ルート:沙流川キャンプ場~日勝峠~帯広~うらほろ森林公園キャンプ場
    Tm:7.46 Ave:22.3km/h Dst:173.33km


    人気blogランキングへ

    FC2Blogランキングへ

    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。